PLOT NUMBER TWO
AN UNDERGRADUATE LITERARY JOURNAL

TOKYO / 東京


Translated and Written by
Sabah Merchant
Ashoka University

Soft, muted,

As though it could fade away any second.

An inner silence

That is concealed by an outward noise.

An Order

That is chaos to those who do not know.

 

This is Tokyo. The city of dreams.

 

The taxi base fare is 890 yen,

And there’s a Tower Records store in Shibuya.

The smallest of lanes have pedestrian signals,

With a lone figure awaiting the green.

Nippon Budokan is behind the Imperial Palace

(According to Google Maps, anyway).

 

 

This is Tokyo. The metropolis of the mundane.

 

In the mornings,

The trains are full,

The passengers packed like sardines.

 

In the afternoon,

The shrines hidden in small lanes

Are pleasantly empty.

 

In the evening,

The billboards of Shinjuku light up

And bring vivid colours to the cloudy city.

 

This is Tokyo. The one we think always exists.

 

Meguro Rokumeikan is hidden behind a wall,

With an Indian restaurant not far behind.

 

I found the second, but not the first.

 

Tokyo Dome is the musician’s dream,

And Rokumeikan just the beginning...

 

For I know that the GazettE was here.

 

This is Tokyo. The land of the explorer.

 

A warm embrace to a sleepy girl,

Who opens her eyes and sees the night sky,

Unsure what this feeling is,

But needs nothing else

To know that she is finally home.

 

This is Tokyo.

柔らかく 、優しく、

随時消えてしまう。

外の騒音に隠されて

内的な平和。

その秩序を

知らない人に混乱になる。

 

これは東京。夢の町。

 

タクシーの運賃は890円。

渋谷にタワーレコードスの店。

どんなに小さくても、すべての通りに

歩行者用信号がある。

隣に緑を待っている寂然の人。

日本武道館は皇居の後ろ

(それは、Google Mapによると) 。 

 

これは東京。日常の大都市。

 

午前中

地下鉄の乗客

イワシのように詰め込まれている。

 

午後中

小さな道に隠された

神社は快適で空いている。

 

夕方に

新宿の看板が光る、

都市を快活な色にする。

 

これは東京。いつも存在すると思う都市。

 

目黒鹿鳴館は壁の裏に隠れられて、

インドのレストランが遠くない。

 

二番目を見つけたけど、最初は見つからなかった。

 

東京ドームはミュージシャンの旅先、

鹿鳴館は始まりばかり。。。

 

ガゼットがここにいたことを知っているから。

 

これは東京。冒険者の国。

 

眠い少女をあったかい抱擁に抱きしめて、

目を覚めると夜空を見る。

この感情が何かとわからないけど、

ようやく本場に帰ったことを知るに、

何も必要ない。

 

これは東京。